こんにちは、ゆうはるかいです。
本題の前に定形文⇒「有酸素運動の超絶効果を確証!?」より年末までに体重60⇒56Kg、体脂肪率22.3⇒15%を目指しています。
今日は体重57.6Kg、体脂肪率20.3%です。

タイトルの意味が何の事?って思われる方もいるかと思います。
表ソフトだけの悩みなんでしょうか!?
普通はドライブ打たれたら上回転なのでラケットの面を立てていたら吹っ飛んで行きます。
そして相手の台に入らずオーバーして失点します。
なのでラケットの面を被せて押さえますよね?

それが被せたら真下に落ちたんです(汗)

何故ドライブを被せたら落ちるの!?

昔、裏ソフトラバーを使っていました。
その時はドライブを抑えるためにラケット面を被せて返していました。
当たり前やろって言われそうなのですが、僕は大人になってから表ソフトのラバーにしています。
表ラバーもドライブに対しては裏ラバー同様、面を被せないと吹っ飛んで行くんです。
それは一緒なんですが、回転量が多いと被せた時に、真下に球が落ちるんです。
それを初めて経験した時は、「まさかそんなバカなっ」と気にしていませんでした。
ただ2,3回同じ目に合った時に「ドライブ取れんわ、もう無理!」ってなりました。
ほぼドライブ恐怖症です。
卓球専門店に駆け込み、事情を話すと表ソフトの粒が滑って落ちるということを教えてもらいました。
実はその時使ってたのは、大昔から有名な「スペクトル」です。
当然テンションラバーでも無いです。
そして店員さん曰く「モリストSP」なら同様に被せても回転を吸収してくれ滑りにくいので、僕の悩みは解消するだろうとのことでした。
そして僕はモリストSPにしました。
しかもスペクトルとは違いテンション系の表ソフトでしたのでスペクトルでは実現できなかったスピードも手にすることができました。
それから1年経ちました。
モリストSPからラグザPOには変わりましたがどちらもテンション系の表ソフトでざっくり同じラバーです。
記事「表ソフトラバー。スピード系と回転系に分けられる!?そうとも限らない!!−モリストSPとラグザPO−」
1年以上ドライブも苦にせず戦っていたのですが。。
先週のことでした。
猛者達と戦い、たまたまかもしれませんが、上の方のレベルまで行けた時です。
球は非常に遅いのですが、とんでも無い回転量を打つ人がおり、面を被せたところ真下に落ちました。
ガクガクブルブル。。
その方のドライブは全て真下に落ちました。
愕然としました。
スピードドライブはコースさえ分かっていれば問題無く返せます。
また回転が強烈でもフォアに来れば回転を上書きしてカウンターやスマッシュを打てば良いです。
問題はフォアに短く来た時とバックに来た時です。
フォアに短く来た時は、振り抜けず当てるだけだと吹っ飛びます。
バックに来ても回り込んでフォアで叩ければ問題ないのですが、ショートで受けてしまうと落ちます。

今後の課題(対応、対策)

まさかの事態でしたが、卓球は奥が深いですね。
今のところ自分なりの考えた対策です。
超強烈なドライブを打つ相手に対して
・ドライブを打たさない試合運び(ストップやバック奥を突くなど)
・打たれたら瞬時に回り込んでカウンター
サーブ強化により有利に進める
回転を上書きするくらいの横ひねりの回転ショート

今のところ思いつくのはこれしか無いので何とか凌ぎたいと思います。
本当に効果があるかどうか早く試してみたいです。