こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・現在ペンで卓球をしているが、シェイクにスムーズに移行できるのだろうか不安に思っている人

を対象にしています。

【本記事の内容】
・ペンからシェイクへスムーズに移行することはできるのかという話

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンからシェイクへスムーズに移行できるのか!?

結論:スムーズに移行することはできません(近道は無し)

ペンからシェイクへスムーズに移行できるのか!?

ペンからシェイクに移行する人は多いですね。
本当に良く見聞きします。

僕が戦っているシェイクの人でも昔はペンだったという人が結構いることに驚いています。

そういう僕も1か月程前からシェイクに変更しました。

理由は簡単で

1、ドライブを打っている人が卓球っぽくカッコよく見える

2、バックに来たボールでどうしてもペンでは処理するのが難解なパターンが存在する

このように1は見栄えであり、2は実戦面です。

今まで幾度となくシェイクに変えたいと気持ちでは思ったことはありました。

それでも僕は世の中で主流のシェイクになんかに負けない、あくまでペンホルダーにこだわり続けていました。

生涯続けていくであろう卓球だからこそ大好きなペンを辞めることを決意した訳です。

ペン、シェイクともメリットデメリットはあり、どちらが良いとは一概には言えません。

世の中はシェイクが完全に主流で大学生以下の試合では試合会場でペンを見つけることが非常に難しいです。

それは日本だけで無く、世界でも同様です。

見出しの内容に戻りましてペンからシェイクに移行するのが難しい理由についてです。

ちなみに僕はシェイクに変えてから1か月の間、卓球を平均1日3時間以上を週に5回ほどやっています。

You Tubeなどのシェイクの基礎動画や目指す姿の試合などを含めると1日5時間以上卓球に費やしています。

毎日めちゃくちゃしんどいですが、これだけやっているからこそペンからシェイクへの移行は難しいと言い切りたいです。
(ペンはペンでも片面ペンです。裏面打法のペンの人はシェイクへの移行は片面ペンほど難しくないと思っています)

理由は

  1. フォアはほぼ変わらないがバックが全く違う
  2. フットワークが違う「簡単に言えば体重移動」
  3. 攻撃パターン、守備パターンが違う
  4. シェイクにすることでやる事が多くなる

1(フォアはほぼ変わらないがバックが全く違う)ですが、詳細は触れませんがバックハンドは重要です。

誰もが分かる通りフォーム(特にバックハンド)が全く違います。

少し練習して入るようになっただけで喜んでいてはいけないです。

卓球の試合ではバック対バックが7割と言われるようにバックハンドを制し、フォアでフィニッシュを決めるというパターンが結構多いです。

普通にバックが上手くなっただけでは十分ではありません。

ミドル、バック奥、色んなコースに対して的確なショットを打ち返す必要があります。

これがとんでも無く難しいです。(返すだけでは無く的確なショットを打つ)

次に2(フットワークが違う「簡単に言えば体重移動」)ですがこれもバックハンドについてです。

片面ペンは右利きの場合、左足がかなり前に出ていつでもフォアで打てる体制を取ると思います。
バックは止めるだけでその時も基本は左足が前に出ている人が多いはずです。

でもシェイクはバックもフォア同様に攻守が必要ですから、プロ選手を見てもらっても分かる通り、立ち位置が並行に近いのが理想です。(もちろんプレースタイルによって多少変わります)

僕が一番苦しんだのが(苦しんでいるのが)この体の使い方です。

ワンコースの練習でバックを打つことはある程度はできるようになりました。
でも動いた時の体重移動がペンとは全然違うことなど想像もしてませんでした。

動かされると良い球を返球できません。

バックだけで動かされるならまだマシです。

フォアが混ざると動きが無茶苦茶になり練習通りのフォームで打てません。

僕が思うのはバックは1から(初心者から)やり直しということです。

フォアバックの切替しやランダムに打ってもらいフォアの体制、バックの体制を作って返球することの基礎練習の積み重ねをやる必要があります。

僕のような片面ペンの人が苦しむ道だと思います。

次に3(攻撃パターン、守備パターンが違う)ですが、先程も記載したようにバックもフォアも攻撃ということでラリー中の構えが平行に近くなると思います。

ペンの時はフォアもバックも台上やツッツキを除き、左足前(右利きの場合)ですが、シェイクの場合は平行です。

僕が月に2回ほど教えてもらっているコーチ(元伊藤美誠のコーチ)は右足がやや前にしても良いと言っています。

確かに伊藤美誠はレシーブを構えている時から右足が前になっています。

僕の卓球人生の中で右足前などは想定外でした。

攻撃パターンとしてはバックドライブからのパターンやバックでのスマッシュが増えます。

たったの2パターンかと思うととんでも無いです。

ペンのパターンが染みついているのでこの移行は慣れるまで相当時間がかかります。

ペン同様にシェイクに変えてもツッツキやストップ、横回転ショートからの攻撃だけで良いなら時間はかからないです。
でもそれならシェイクに変える必要は全く無いです。

守備に関してもペンなら守備は守備に徹することができます。
しかしシェイクなら守備中にも攻撃できてしまう瞬間が結構あります。

その時に如何に攻撃できるか。
この攻守の切り替えが非常に難解です。

次に4(シェイクにすることでやる事が多くなる)ですが、乱暴に言うとフォアはほぼ同じです。
先ほど記載したように試合はバック対バックが7割と言われます。
よってバックハンドでのやる事(正確にはやれる事)が非常に多いです。

全部きちんとできるようになってこそシェイクに移行した(できた)と言えるかと思います。

この1~4を乗り越えるのは思っていた以上に時間かかります。
僕も「バックだけ練習すれば後は一緒」だと甘く考えていました。

1か月毎日5時間以上卓球に費やしてもペン時代の強さに戻るのに早くても、あと半年はかかると感じています。

ペン時代を抜くのはいつになるか分からないです。
目標は1年以内です。

今はペンでは簡単に勝てていた人にも簡単に負けています。

ただし完成した時はペンより強くなれる姿が見えたからこそ僕は変更しました。

自分がペンが向いている、シェイクが向いているというのはなかなか判断するのは難しいとは思います。
僕の場合はペンでの課題が
1,どうしてもシェイクでしか解決できないことがありそれが致命的だった
2,シェイクの方が強くなる算段があった
苦渋の決断になります。

シェイクの方がフォアバックどっちも攻撃できて見た感じも世間の卓球のトレンドかもしれないです。
でもかっこ良いからというだけで安易に変更するのはお勧めできません。
(弱くなっても良いなら問題無いですが)

最後に

まとめるとペンからシェイクにスムーズに移行するためには
・スムーズには移行できない
・とにかく1から基礎を徹底的にやる

・早道は無いと地道に気長にという精神で臨む

今日はこんな感じです。
参考になれば幸いです。