こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・競馬で勝つために必要な事について興味がある人

を対象にしています。

【本記事の内容】
1,競馬で勝てる訳が無いという話
2,競馬はギャンブルでは無く投資という心構えが必要

この記事を書いている僕は現在45歳で、競馬は23歳から現在の45歳まで22年間ほど毎週土日欠かさずやっています。
現在は「勝つ競馬では無く負けない競馬」という思考の転換により年単位で言うと「勝っています」では無く「負けていません」

競馬で勝てる訳が無いという話

競馬で勝てる訳が無い

結論:毎日競馬漬けの新聞記者が負けているのに一夜漬けの一般人は勝てる訳がありません。

皆さんは競馬で勝っていますか!?
勝っていると言う人はおそらくこの記事は見ないと思います。
ごく一部の人が勝つ、お金持ちが勝つというのが競馬の常識です。

ところで競馬新聞というのが毎週コンビニなどで物凄い種類が発売されますよね。
競馬ブック、競馬エイト、サンスポ、日刊・・・・・・・・もう無数です。
WINSや競馬場に行った時もみんな競馬新聞を必死で見て予想している様子が伺えます。
どこの階に行っても人だらけです。
とは言え、現場に行かずネットで購入している人が大半な訳です。
なので競馬人口というのは相当多いと思いました。

果たして必死に予想して勝っているのでしょうか!?
悲しいことに勝ってない人が大多数ですよね。

一般の人が競馬で勝てないと思う理由
・競馬新聞で重い印◎を打っている人気記者がいとも簡単に外す
・印を打っている記者は毎日競馬漬けであるがいとも簡単に外す
※競馬漬け:血統、前走、コース、適性距離、調教、競馬関係者との会話など毎日実施
・そんなプロ記者が外すのに一般の人が一夜漬けで検討しても無駄

このような理由で競馬は勝てる訳が無いと思いました。

競馬はギャンブルでは無く投資という心構えが必要

ギャンブルでは無く投資という心構えが必要

結論:競馬をギャンブルとして見た時点で既に負けています。競馬は投資法で勝てます。

僕も8年前までは競馬はギャンブルだと当たっては喜び、外れては落胆するというスタイルでした。
でも毎日競馬の事を検討して◎を打っている人がいとも簡単に外すということから僕は予想することからは離れ、お金の運用の方に力を入れるようになりました。
要は投資ですね。

競馬の本は当然としてカジノの本や競馬への取り組む精神論、投資術など色んな本を読んで勉強しました。

競馬はJRAが25%程度持っていきますので残りの75%を的中者で分けることになります。
1000円の馬券を購入したらその時点で750円の馬券になっているということです。

そんな状況であろうが、僕は勝てると確信しました。
そして数年間の実験検証の末、理論上はマーティンゲイルの応用で低リスクで勝てると確信しました。
競馬とはめったに当たらないのが当たり前です。
めったに当たらなくても長期的スパン(大体1年スパンくらい)で勝てれば良い訳です。
この事を理解することが大事です。
なので僕は毎週土日やっていますが、一喜一憂は一切しません。
前日に時々当たる人の予想を真似してネットで購入し当日の夜に結果を見るだけです。

大事なのは
・低リスク
・長期的スパン
・一喜一憂しない

この3つです。

あとは一番大事なのは「勝つ」のでは無く「負けない」という投資の心構えが必要です。

結論

まとめると
・競馬はギャンブルとして見ていると勝てる訳が無い
・勝つのでは無く負けないという投資の心構えが必要

という訳で今回はこんな感じです。
参考になれば幸いです。