上手くなりたいこと

こんにちは、ゆうはるかいです。
コロナ第二波でまた卓球ができなくなったので日々トレーニングを積んでいます。
と言っても体力トレーニングです。
メンタルトレーニングの方が今の僕には大事なんですが卓球自粛期間中に開始します。

ところで僕はペンの表ソフトで裏面に粒高を貼っています。
皆さんはやはりシェイクの裏裏でしょうか?
ニッチすぎるペンの表ソフト、裏面に粒高という両面イボの僕が今、上手くなりたいことを記載したいと思います。
そういえば、今までプロアマ関係無く、数百人以上(イヤ、数千人以上)の卓球選手を見てきました。
でも表ラバーと粒高ラバーという組み合わせの選手を見たことがありません。
そこまでこの組み合わせはレアなんでしょうか??

上手くなりたいこと3選とは・・

1、サーブ力

理由としては、まさにこの記事「サーブが一番大事」になります。

2、レシーブ力

理由としては、卓球はサーブとレシーブでほぼ決まるからです。
多様なレシーブ(詳細を記載しだすとキリが無いので割愛)で相手の3球目攻撃を封じ込めたりこちらの4球目攻撃に繋げることができるからです。

3、ブロック力

理由としては、僕はペンなのでとにかくバックが攻撃できない訳です。
フォアに来ればフォアの攻撃で対抗できますが、バックに来たらバックハンドはペンで振るのは厳しいのでショートで返します。
バックに強烈なドライブが来れば鉄壁のブロック(ショート)が必要な訳です。
⇒「横ひねりの回転ショート」の記事

この3つを重点的にやればレベルアップすることができると信じたいですね。
余計なことはせず、徹底的にこの3つをやる!
※本当はあと1つ上手くなっておきたいこと
⇒表ラバーと粒高ラバーの緩急付けた打ち分け(これも欲張って習得したいです)
それが勝つための早道かもしれないと思ったりしています。
あまり難しく考えず自分がやるべき事をやる
不要なものは取り除いた特化型卓球です。
それでダメならその時考える。
そんな卓球スタイルに傾いています!!