こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・試合でどんなサーブを出したら良いか分からない人

・サーブに回転をかけるのが苦手な人

・サーブで回転をかけすぎると訳の分からない回転で返ってきて困っている人

を対象にしています。

【本記事の内容】
・通常時出すサーブについて

・ここ一本欲しい時に出すサーブについて

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

通常時出すサーブについて

卓球のサーブはナックルロングが有効

結論:タイプ別サーブ攻略法に基づき出し自分の攻撃パターンに持っていけば良いです。

通常時に出すサーブは相手のタイプによっても変わりますがドライブマンなら短めの下回転であったりカットマンならミドルへフォア前へ短いサーブであったりします。

どのようなボールが返ってくるかを想定して出し、基本は自分がサーブ権を持っている時は、得点するべしです。

ここ一本欲しい時に出すサーブについて

結論:ナックルロングサーブが非常に有効です。

タイプ別サーブ攻略法にもナックルロングは出てきますがこれはここで一本欲しいという時に通常時のサーブとの差が大きければ大きいほど良いです。

なので通常時は短いとか切れてるとかだとこのナックルロングとは大きな差があります。

ナックルロングは単なるナックルなので回転をガツンとかけることができない初級者の人でも出せます。
そして相手のバック奥深くに出します。

浅ければパチンと叩かれて失点するだけの何の効果もないサーブになってしまいます。

僕が出しているのと少し違うのですが、良い動画があったので参考にしてみてください。

⇒参考【YOUTUBE】この動画は伸びるサーブとナックルロングが分かりやすく解説されています。

僕の場合は微妙な差ですが、若干の回転をかけホイップさせるように出しています。

しかも試合の大事な場面で奥深くに出すので相当サーブ練習する必要があります。

かなりの確率で浮いた球が決ますのでそれをスマッシュするだけになります。

ここ一本のサーブとしては、本当は伸びるサーブ(先程のYOU TUBEにあります)というのを使う人も多いのですが僕はそれに関しては練習しても習得できていない状況です。

ショートサーブかなと思って取りに行くと急に伸びるので完全に詰まるんです。

これを大事な場面で使う人も結構見ますね。

僕はそのサーブは残念ながら練習中ですがナックルロングだけでも十分役立つと思うほど効果がありますので是非やってみてください。

今日はこんな感じです。

参考になれば幸いです。