こんにちは、ゆうはるかいです。
(下記記事の中に本の写真を載せていたのですが、僕のミスで消えてしまいました。
ブログに慣れてないのでミスりました。)

さて今日は会社をずる休みしてというタイトルになっていますが、別にずる休みというほどでも無く休暇は権利であり、一杯残ってますので。
ほんとに毎日のストレス社会に押しつぶされる前に定期的に取るべしです。

あとは、家にいると、本など集中して読めたもんでは無いので喫茶店でコーヒーを飲みながら優雅な日が年に数回合っても良いと思います。
この気持ちはサラリーマンの人なら分かると思います。
1人の時間を楽しむ。
それが無ければ「会社行って帰って寝てまた会社行って帰って寝て」の繰り返しで何のために生きているか分からなくなる時があります。
皆さんはどのように息抜きしていますか?

休暇って言ってしまったら子供の面倒を見たりなんじゃらかんじゃらで本など読めないです。
子供は大好きですがが完全フリーな日も無いと自分が潰れてしまうんですよね。

今日読んだ子育ての本は3冊+1冊

朝一でドトールに入って2冊読んだ。
この本はもう3回目くらいになるんじゃないですかね。
同じ本でも久しぶりに読むと、以前読んだ時は納得してたのに日々できていない、忘れていたなどの気づきが多いです。
この2つの本は結局同じことを言っています。
結局は内容は多少違うかもしれないのですが、言いたいことは、1つです。
子供が社会に出て自身で生きていくために親として何が良くて何が悪いかということが書かれています。
物凄く共感するし3人の子供がいるのですが中身に納得させられます。
是非知っておいた方が良いし実践した方が良い内容だと思います。

2冊読んで昼ご飯を食べ、3冊目を読んみました。
3冊目は画像としては載せませんが内容は一番つまらなくて
結局は最終的に言いたい事は最初の2冊と同じです。

僕もダメな父親かもしれませんが子育てに迷いがあるお父さんは読んでみて欲しいと思っています。
特にこの「生きる力をはぐくむ子育て」は本当に良い本だと何回読んでも思うし、また明日から子育ての際に忘れていた心掛けを取り戻せたと思います。
僕は「子育ての本」だけを集めたつもり?のアマゾン☟(この本をクリックするとアマゾンの子育て関連に飛びます!?)かブックオフで買うことが多いです。
安いし内容的に外れもあるので、そういうのはじゃんじゃん捨てて本当に良いものだけを読むことにしています。
子供に色々な事を学ばせてもらっているし、友達と大声出して走り回っているのを見たり聞いたりすると幸せを感じます。
「ありがとう」って思います。
僕の原動力は子供達と元気な嫁の姿ですね。
毎日とはいかないかもしれないですが、家族全員元気!これですね。

最後の+1冊は、長男がもうすぐ12歳ということで僕に対しての態度も変わってきていると特に感じています。
先日、力で押さえつけてしまったこともあり(要は怒鳴り散らして怒った)、何か変わってきたと思い、今日ブックオフでちょうど今の僕に合っている本があったので買いました。
あと少しで読み終わるのですが、やはりもうすぐ6年生。
反抗期が来ていたのか、それは知らなった。ごめん。
僕は反抗期というものがほぼ無かったに等しいのかもしれません。
親に押さえつけられていたのでしょうか?
中学の時は部活に熱中し良かったのですが、高校の時は何もせずに帰宅部で毎日生きがいなんてモノは無かったです。
一生の内、一番の汚点が高校時代なのですが、人生無駄な事は無いと信じることにしています。
あのような無の時代を過ごしたからこそ今、子供に対して絶対に同じ想いや体験をして欲しくないし、させてはいけないという反面教訓になっています。
この本は普通に良いかなと思います。
僕の今までの考えが少しは変わりますし長男に対しての対応も変わると思っています。
皆さんは子育てで何か工夫していることとかあったりしますか?
難しいですよね。でもあっという間に子供は成長するので本音は非常に寂しいです(泣)


人気ブログランキング