こんにちは、ゆうはるかいです。
卓球でワンランク上の相手に勝ちたければロングサーブを磨こう!
皆さんはどんなサーブで点数を取っていますか!?

サーブ強化中

ではどんなロングサーブが良いのか?

誰もがロングサーブを出せば良いのか!?
戦型に限らず有効なサーブだと思います。
もちろん、ドライブマンはやはり下回転系を出し、ツッツキをさせて
そのツッツキをドライブしてからの展開のように得意なパターンが存在するでしょう。

ただし、そればっかりでは強い相手には勝てないこともありますよね。
僕が多種多様なロングサーブの中でも有効だと思っているものが、2つあります。
1つ目はナックルロングです。
下系のナックルで相手のバック側深くに突き刺さるような高速ナックルロングです。
言葉では言うのは、簡単ですが、「高速でスベる感じでバック奥深く」出します。
レシーブは詰まりますので甘い球が来ます。
それを3球目で決めてしまいます。
どんな戦型の方でもここで一本欲しい時に持っておきたいサーブです。

もう1つは、相手が右利きの場合、ストレートへ早いドライブサーブです。
これは自分がじゃんけんで勝ってサーブ権を取った時、試合開始直後が最も効きます。
自分がサーブ権を取れなかった場合でもサーブ権が来た時や絶対一本欲しい時に出すのが効果的です。
試合が始まり緊張しているところでいきなりストレートに早いサーブが来るとクロスに返してしまいがちです。
しかもいきなり出すので慌てて甘いレシーブになることが多いです。
それを待って3球目攻撃です。
また、早い段階で相手のフォアに出すことによって、対戦した事が無い相手の場合は、相手のフォアハンドのレベルを知ることができます。
そして相手がフォアが得意なのか、どんな軌道の球を打つのか、フットワークはどうなのかなどを知り、そこから戦術を立て試合を有利に進めることができます。

ナックルロングサーブが効く理由とは!?

結論

ロングサーブばかりだと狙われると思いがちですが、最初のナックルロングに関しては、相手が慣れるまで何回でも出して良いと思います。

ただし、相手のバック奥深くにスベり詰まらせるような良質なサーブはそれなりに練習が必要です。
ただのナックルロングだと打ち込まれますのでその時は、違うサーブに変更すべきです。

僕の試合では、ナックルロングからの攻撃が半分以上を占めます。
もちろんそれが最大限効くようにフォア前への短いサーブや切れたサーブなども要所要所に使います。

スベるナックルロングは、来ると分かっていても取りにくいんです。
をあげるとすれば、粒高ラバーや表ラバーのナックルは分かってても取りにくいですよね。
それをサーブで出すんです。
ドライブサーブも似た考えで、早いドライブで攻撃されると嫌ですよね。
それをサーブから(1球目から)出して先手攻撃をやるんです。

特に強調したいのは、ナックルロング!
これは、どんなラバーでも出せますので一度試して頂けると幸いです!