こんにちは、ゆうはるかいです。
僕はひょんな事からマジックをやれるようになりました。

ひょんな事とは・・・お世話になった会社の人の送別会で出し物をしたいけど、何かやってくれないか?との無茶ぶりからでした。

僕は趣味も特技も無いし、人前で何かするようなタイプではありませんでした。
なのに何故か、マジックでもしようかなと、ふと思ったのがきっかけでした。

何故、不器用なのにマジックができるといえるのか!?

マジックなどやったことはありませんでしたが、「やるわ」と言ったものですからとにかくやばいと思い、マジックの本を買ったり、ネットでマジックを探しました。
ネットで見た時は、ウワァー、凄いと思いました。
ネタを知って沈黙・・・。
これって僕もやれるとニヤリとした瞬間でした。
色々あるマジックの中からできそうなのを選んで家族を相手にやってみました。
練習すればそれなりのショーになるという自信に変わりました。

宴会の度に新ネタを披露することに・・

お世話になった人の送別会で見事にマジックショーを成功させてからは宴会があるたびに毎回、新ネタの披露を期待されましたし、自分も凄いのを見せたるわとマジック動画やマジックショップで新ネタを仕入れました。
上の文章に違和感は無いでしょうか?僕は「仕入れた」と書きました。
そうなんです、マジックとは仕入れる=ネタを買うものだと知ったんですね。
ネタを料理して味付けをします。
料理するとは、演じることです。
味付けとは例えばトランプなら複雑な切り方をするなどです。
味付けが無くても料理=演じる能力を上げれば十分に仕上がります。
顔の表情、声のトーン、色んな工夫をしてお客さんを楽しませます。
僕にとってマジックとはそれだけのことでした。

マジックは永遠のスキルだった!!

少しでもマジックをカジッた人なら分かると思います。
何年もやってなくても、ちょっとクリスマス会で披露してと言われれば当時の得意なマジックは忘れていたとしても、ネットやマジックの本を見て、これは不器用でもやれる、これはこういうシチュエーションで受けが良いなど分かります。
そして本番まで少し練習すれば良いだけです。
何故か?そう、ネタは極めて単純、簡単だからです。
ネタは簡単なんですが「如何に凄く見せるか」、マジックとは演技力に尽きます。
どこでも受けます、注目されます、何故ならみんな簡単だと知らないから。

参考までに、ネットでマジックのネタは色々買えます。
最近100均でもマジックは売ってはいますが、ちょっとしょぼいですね。
マジック専門のネットショップだと少し高いのでアマゾンなどでやりたいと思うマジックを自分が演じるシチュエーションに合ったものを考えながら探してみると良いと思います。
それなりに安くて簡単でしかも驚くこと間違い無しのものを手に入れることができます。
失敗するのも大事、本番前に家族や知り合いの前で披露するのも大事である。

下記画像をクリックするとアマゾンのマジック販売画面へ飛べるようにしましたのでどんなのがあるか、おもしろそうなのがあるかなど確認してみてもいいかと思います。
皆さんはマジックって難しいと思っていませんか?びっくりするほど簡単ですよ!!

あいす健のマジック講座『あなたにも出来るプロフェッショナルマジック』
人気ブログランキング