こんにちは、ゆうはるかいです。
本題の前に定形文⇒「有酸素運動の超絶効果を確証!?」より年末までに体重60⇒56Kg、体脂肪率22.3⇒15%を目指しています。
今日は体重56.5Kg、体脂肪率20.7%です。

以前メンタルが大事という記事を書いてからどうすれば良いか結構真剣に考えていました。
⇒記事「メンタルの重要さを思い知った日!!」
今後、自分のメンタルは上がるだろうという手法を掴んだので共有したいと思います。
卓球だろうと仕事だろうと何にでも使えると思います。

メンタル強化のための良い本に出会った!

まずは、自分がどんなことを今後やっていけば良いかヒントが欲しくて本を探しました。
最初に読んだのは「卓球 最強のメンタルトレーニング」という本です。
これはメルカリで見つけてきたのですが一言で言うとダメな本です。
「相手のミスを待たず攻め続ける」「プラス思考で試合に望む」「ポイント間でセルフトークを入れる」「食事を早めに取って会場に入る」など色々とありましたが、自分にとっては何も響かなかったです。
それらのことができるように普段何をすれば良いのかが僕の知りたい事であるためです。

良い本が見つかるまで延々に探す気でいました。
早くも2冊目でその本に出会いました。


「夢をかなえるイチロー力」という本です。
この本は普段からどのような事を考え行動していけば良いかが書かれていました。
その具体的な内容が付属のCDに付いています。
CDの内容は大きく分けると下記になります。
・呼吸法(腹式呼吸、逆腹式呼吸)
・内言(プラスの言葉)
・イメージング(ろうそく、図形、理想の自分)
・気の導入(静功と動功)
・リラックス法

実際にやってみた!

イチローがこの著者の指導の元にやってきた方法なのですが、正直めちゃくちゃ難しいです。
僕は自分にもでき、納得のいくものを取り入れることにしました。
それが
・呼吸法(腹式呼吸、逆腹式呼吸)
・内言(プラスの言葉)
・イメージング(ろうそく、図形)
です。

呼吸法は腹式呼吸と逆腹式呼吸でやり方はCDが教えてくれます。
腹式呼吸だけでも良いと思いますし、逆腹式呼吸だけでも良いと思います。
これを僕はゆっくりとウォーキングをしている時に実施することにしました。

次に内言ですが、自分で考えるのは難解ですのでこれもウォーキングしている時にCDを聞くことにしました。
僕が好きな言葉は「継続は力なり、さらなる継続は宝なり、永遠の継続は歴史なり」なのでこの言葉にしても良いかもしれないですね。

次にろうそくと図形のイメージングですが、内容はこのようなものです。
・ろうそくのイメージング
1,ろうそくに火をともす
2,30cm離れたところから見つめ、視線を炎に固定する
3,1点集中に耐えきれずに炎が回りだしたかのような残像が見えてくる
4,目を閉じて残像を見る
・図形のイメージング
1,太めのペンで丸、三角、四角の図形のカードを用意する
2,1枚のカードを選び30cm話して固定する
3,そのカードを1分程、意識を集中させ凝視する
4,目を閉じてまぶたの裏に現れた残像を見つめる
5,残像が消えたら、また目を開けてカードの図形を見る
6,はっきりとした図形を描け、長く見れるまで繰り返す
7,モノクロの残像図形を思い描くことができればその図形に色を塗る

さっそくろうそくのイメージングをやろうとダイソーで12個入りのアロマのろうそくを買ってきました。
結果は視線を炎に固定しましたが、炎が回りだしたかのような残像・・・。
そんなものは決して見えてこなかったです(笑)。
もう3週間近くやっているのですが、残像は出てこないです。
そして物凄く眠くなります。(寝てしまったこともあります、笑)
でも続けてみます。
1点を集中して見るなんてことはやったことが無く、おそらくそれだけでも継続すれば物凄い効果があるのでは!?と感じたもしくは期待したためです。


次に図形のイメージングをやろうと紙に図形を書いて1分間凝視しました。
やはりろうそくと同じで1点を凝視するということに慣れてないせいか目がブレブレです。
当然目を閉じても残像など現れるはずもありません。

ろうそくも図形も継続すれば残像が見えてくるかもしれません。
仮に残像が見えてこないとしてもとてもトレーニングとしてはプラスに働くと感じました。
このイメージングは2日に1回程やることにしました。
本当に良いものに出会ったと思います。
これら4つを継続して「心=メンタル」強化を掴みたいと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 座是b.png


あとは現在、近場の寺で月に1回程度座禅に行けるところを探しています。
結構、座禅を定期的にやっている寺があることを知りました。

永遠の課題でもあり、今まで一切取り組んでこなかったメンタル強化です。
これらを実施することにより僕の卓球の終着地点が見えてくることでしょう。
楽しみでもあります!