こんにちは、ゆうはるかいです。
皆さんはメンタル強いですか?
僕は非常に弱いです。
それを思い知った1日となりました。
心技体とは良く言ったものですね。

心技体の重要さ

心技体が揃わないと接戦で勝てない!

台の上で卓球をするという意味では、先週のこの猛者達の集う卓球場へ来た時以来になります。
しかしランニングやプールのトレーニングのおかげで体は凄く調子良かったです。
足腰もしっかりしておりショットも安定していました。
なので1週間ぶりの割には技術も悪くは無かった訳です。
本当に思ったのは、心技体で一番重要なのは、心なんでは無いかということです。
心(メンタル)が強いとは、場所や状況や観客、その他色んな要素に対しても動じない心を持つことだとします。
そのように常に冷静を保つことができ、いつも通りの体力を持っていれば技術も付いてきます。
しかし、心(メンタル)がグラつくと冷静を保てず、体力はあっても技術がバラバラになります。
凄く体も技術も調子が良かったのですが心(メンタル)によって完全に歯車が狂いました。
心技体の内、「心」が足らなかった訳です。
心技体全て揃わないと本当の意味で相手だけで無く、自分にも勝てないことが分かりました。

今後、僕に必要なことはメンタルトレーニング!

メンタルトレーニング

体力⇒技術という筋道はある程度、確立してきました。
これは凄く自信になっています。
台の上での練習が足りていなくても台以外でのトレーニングがしっかりしていれば技術も付いてくるということです。
自分でもびっくりの効果が出ています。

次なる上達の課題は心(メンタル)⇒技術を結びつけることだと痛感しました。
体力⇒技術、心(メンタル)⇒技術のどちらの連携も出来てくれば、自分の卓球の完成なのかと思います。
イコール、それが僕の卓球の限界点ということです。
心(メンタル)を鍛える必要を感じたのは凄く久しぶりです。
今日の猛者達との戦いでの一番の学びはそれに尽きます!!
1回の練習において、何でも良いので1つでも学ぶことがあったということに大変感謝しています。
適当に練習していても学ぶことは無いと思います。

今後はメンタルトレーニングについて、勉強していき座学だけで無く実践でも色んなことにチャレンジしていくことが僕には必要です。
今は自分自身にワクワクしています。
本気で取り組むメンタルトレーニングという新しい挑戦です。
頑張ります、押忍!!