こんにちは、ゆうはるかいです。
今日は表ソフトラバーでも裏ソフトラバーに勝てるんだと言うことについて書きたいと思います。

ご存知の通り、世界中の主流は裏ラバーです。表ラバーの出番は無いのだろうか??

表ソフトラバー(僕のです)

結論としては出番は大いにあります!
たしかに、現在の卓球界は回転の時代

裏ラバーでは多種多様なサーブで回転を操ることができます。
また裏ラバーでは、凄く回転のかかったドライブをガンガン打つことができます。

※スマッシュは直線的で安定せずドライブは山なりで安定するためこれが今の主流の戦い方です。

そして現役のプレイヤーはこのようなスタイルの人が十中八九えしょう。
(失礼な言い方ですが、趣味や遊びのレベルは除きます)

そんな中、表プレイヤーが活路を見いだす道は本当に残されているのか

裏ソフトラバー(子供のです)

僕は最近卓球マンガの「少年ラケット」というのを読んでいます。
マンガを読むのは凄く久しぶりですが、メルカリで購入しました。
その中でロッキーという主人公の先輩が表ラバーでして、相手の選手が裏ラバーで回転の魔術師の選手という設定があります。
ロッキーは表ラバーは回転の影響を受けないといって多種多様な回転に対してバシバシとスマッシュを打ち込むというものです。

僕は表ラバーです。
世間一般の卓球人は表ラバーは回転の影響を受けない(受けにくい)という印象を持っているでしょうが裏ラバーも表ラバーも経験した僕から言えば全然違います。

裏ほどでは無いのかもしれないですが、余裕で回転の影響を受けます。
少し回転を読み間違えるとレシーブが浮いてドライブやスマッシュの3球目攻撃に合いますし、下回転ブチ切れが来たらツッツキをしてもネットに引っかかります。

ただロッキーのように相手の回転に対してスマッシュを打つ時に限っては裏よりは全然打ちやすいと思います。
どんな回転であろうがインパクト時点で線では無く点で打つことで撃ち抜くことができます。

これが表ラバーの裏ラバーに勝つ1つの突破口でしょう。

もう1つの突破口としては、現代卓球界が裏ラバー主流というところにあります。
何故か??
それは、裏ラバーの人ばかりで表ラバーユーザーがいないんですね。
(いるにはいますが、凄く少ないということです)
ここまで読んで気づいた方はいますよね?
要は裏ラバーばかりなので裏ラバーの人は裏ラバーの人と練習するわけです。
裏ラバーはドライブもしくはドライブで無くても前進回転がメインです。
対して表ラバーはナックルが打てます。(打てますというよりナックルが出ます)
裏ラバーの人は表ラバーの人と練習してない(あまり表ラバーがいないので)ためナックルの対処法が下手な人が多いんですね。
よってこの球質が違うという面も表ラバーの人は裏ラバーに勝つ突破口になりえます。
当然表ラバーの人は普段から裏ラバーの人(大半が裏ラバーなので)と練習しますから普段の練習と試合と何ら変わりは無いです。

まとめると】
表ラバーが裏ラバーに勝つために有利なことは
・回転の影響を受けずにスマッシュが打てる
・自然とナックルが出るため返球しにくい
・裏ラバーの人は、相手が表ラバーということに慣れていない
・ドライブでは無くスマッシュなので直線的で取りにくい

この4つの点を上手く戦術に取り入れれば表ラバーの人は裏ラバーの人に勝利する可能性が出てくるということです。
あくまで可能性ですが。

最近では、オリンピック金メダリストであり世界選手権金メダルの馬龍に勝ったスウェーデンのファルクはフォア面が表ラバーです。
あと、日本では最近世界ランク2位になった伊藤美誠はバック面が表ラバーです。
このようにもしかしたら表ラバーが見直される時代が来るのでは無いでしょうか??

このように考えてみましたが、皆さんはどう思いますか?
やっぱり裏ですか?ドライブは起動もフォームもかっこいいですからね。