こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・卓球って結局ラリーを制したものが勝つと思っている人
・サーブはいつも通り回転かけて出すだけなので練習する必要が分からない人

このような人を対象にしています。

参考記事
「ラリー練習中心でサーブ練習が疎かな人【卓球はサーブで勝つ!】」
「卓球で苦手な戦型があるがどんなサーブを出したら良いのか!?」

【本記事の内容】
・ラリーを制しても試合では勝てない話
・いつも通りのサーブを試合で出すのは難しいという話

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ラリーを制しても試合では勝てない話

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: man-in-black-shirt-standing-near-blue-wooden-pingpong-table-709134-1024x768.jpg
ラリーを制しても試合では勝てない

結論:ラリーを制しても試合での勝ち負けにはあまり関係無い

こちらの記事「ラリー練習中心でサーブ練習が疎かな人【卓球はサーブで勝つ!】」とほぼ同じ内容になっていましますが、卓球の1得点までの平均は3,4球です。

要はラリーになる前に得点になるケースが非常に多いということです。

確かにラリーは楽しいです。

楽しむことをメインにする、もしくは健康のためならラリーを存分に打てば良いと思います。

勝ちたいのであれば、サーブを中心に組み立てた練習が必要です。

僕の場合は、週に1回ほど1時間~2時間、ひたすらサーブを打ちに行っています。

1人でサーブだけ打つってしょぼいやん、勿体ないやん、つまらないやんってなりますよね。

ただし、このサーブ練習のおかげで試合の時、特に緊張した場面で凄く効果を発揮してくれます。

いつも通りのサーブを試合で出すのは難しい!

結論:試合でいつも通りの絶妙な回転、コースを狙ったサーブを打つのは難しいです。

僕は、先程述べたように1人でサーブ練習に行っていますが、この回転でこの速さでこのコースでこのフォームでというのを突き詰めれば突き詰めるほどサーブは奥深いです。

緊張した場面で重要な一本が欲しい場面で何一つ狂うことなく適格に出すには相当な数のサーブを打つことが必要です。

1人でサーブ練習する時に一番やってはいけないことはサーブを次々と単に打つだけということです。

やらなければいけないのは、サーブを出した後、そのサーブに応じたレシーブを想定して3球目を打つところまでです。

もちろん相手がいないので球は返ってこないですが、返ってきたことを想定し動いて3球目をスイングすることです。

サーブによって返ってくる速さやコース、回転など変わりますので打った後、瞬時に判断して動きます。

そして3球目を足腰が浮くこと無くしっかりとした体制で自分のフォームで打ちます(スイングします)。

コースを打ち分ける練習もやっても良いと思いますし、3球目打った後も拾われたことを想定して5球目の備えだけはやります。

・この練習をやっていれば試合の大事な場面で自信を持って難易度の高いギリギリの深いサーブが出せます。
・この練習をやっていなければ自信無く同じサーブを出しても深さが足りずに打ち込まれたりサーブミスしたりします。

試合に自信を持って臨みたいので僕はこの練習は凄く大切にしています。

結論

まとめると
・ラリーを制しても試合での勝ち負けにはあまり関係無い。(1得点の平均は3,4球であるため)
・試合でいつも通りの絶妙な回転、コースを狙ったサーブを打つのは難しい。

という訳で今回はこんな感じです。
参考になれば幸いです。