こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・ペンとシェイクのメリット、デメリットが何か分からない人

を対象にしています。

【本記事の内容】
・ペンとシェイク(世の中主流)のメリット、デメリットについて

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンとシェイクのメリット、デメリットについて

ペンとシェイクのメリット、デメリットについて

結論:ペンとシェイクのメリットデメリットは知っておいた方が良いです。

どこにでも書いてあるような一般的な事を書きますので例外はたくさんあります。

では【ペンのメリットデメリット】(ペンは基本は片面ペンとします)

【メリット】

・シェイクが大半なため、希少性によるやりづらさを演出できる

・やれることが限られているため特化した練習ができる

・フォアの強打がシェイクよりやり易い

・シェイクに比べ軽い

・ラバーが片面だけで済む

・バックは守備、フォアは攻撃と切り分けれる

・台上処理がやり易い

【デメリット】

・バックの強打ができない(or難しい)

・やれることが少ない

・ブロックがシェイクに比べ難しい

・お手本となる選手は20年前の動画だったりするためYou tubeの参考例が少ない

次に【シェイクのメリットデメリット】

【メリット】

・フォアもバックも攻撃できる

・攻撃も守備もやれることが多い

・世界中のトップ選手がシェイクばかりなので目指したい選手のYou tubeを見つけやすい

【デメリット】

・ペンより重い

・フォアの威力がペンより劣る

・やれる事が多いため、練習量が必要

・やれる事が多いため、とっさの時に判断に迷う

・ミドルの処理が難しい

・台上処理が難しい

・ラバーが両面必要なので出費は2倍
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このようにペンとシェイクのメリットデメリットを書いてみました。

決定的に違うのはシェイクはバックハンドが攻撃できるということでしょうか。

シェイクはやれる事が多いため、ペンからすれば何をしてくるか分からないなどあるかもしれません。

でもシェイクの人にしてみたらペンが何してくるか分からないものです。

ペンはやれることは限られていますがシェイクの人は普段シェイクと練習することがメインです(特に若い世代はシェイクだらけです)。

なのでペンの横回転ショートとかシェイクならバックで打つところをペンの場合はフォアで打ってきたり予想できない事が多いはずです。

最後に

特に初心者の人はペンとシェイクのメリットデメリットを知る事で
・どちらが自分に向いているかの参考になる
・どのようにメリットデメリットと付き合っていくか考える機会になる

参考記事「ペンからシェイクに変えたいがスムーズに移行可能?【無理です】」

今日はこんな感じです。

参考になれば幸いです。