こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・ペンホルダーがシェイクハンドに勝つために何をやったら良いか分からない人

このような初級者(中級者は自分で考えてね)を対象にしています。

【本記事の内容】
ペンホルダーがシェイクハンドに勝つためにやるべき最低限の事を厳選

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンホルダーが最低限やらないといけない事

ペンホルダーが最低限やらないといけない事

結論:1,フットワーク、2,横回転ショートの2つは必須です。

現在はシェイク全盛期であり、ペンは絶滅したとまで言われています。
感覚的には35歳以上の人はペンも結構残っています。
ただし、ペンからシェイクに変更していく人も多いのが事実としてあります。
⇒参考「ペンのままで良い理由5選!」

ペンの方が不利と言う人が大半ですが、シェイクに勝つ方法はあります。

1,シェイクがバックハンドをフォアハンドのように振り抜ける
⇒これに対してはフットワークでカバーです。
 昨年まで伊藤美誠の打撃コーチをしており、現在は日本生命で平野や早田のコーチをしている中国の方の見解です。
僕はたまたま知り合いになり現在も時々コーチをしてもらっています。

2,シェイクができない事をしてチャンスメイクし、その後フォアで決めるというものです。
⇒シェイクができない事というのは、横回転ショートです。
 これも上記コーチが僕にガンガン使えと常に言っていることです。
僕がオススメしたい横回転ショートの名手である高軍選手のプレー⇒https://www.youtube.com/watch?v=gtg2N0cMbIE
過去のペン全盛期の中国のペンの選手達はこの横回転ショートを使っていました。
効果は抜群です。

ということは、2の横回転ショートは良いとしても1のフットワークはしんどいですよね。
そこまでしないとシェイクと同等にならないのか!?
そのように言われれば「YES」と言わざるを得ないかと思います。
細かいことを言うと長くなるので今回は辞めておきますが、卓球は平均すると3,4球以内にどちらかが点数を取ります。
なので一言で言うとそこまでしんどくないです。(シェイクも思っているほど楽では無いです)

もしまだ差別化できると言えるならばシェイク全盛期だけにシェイクの選手はシェイクの人と練習したり対戦したりすることが大半ですよね。
ペンの選手との対戦に慣れてないわけです。
そのペンの希少性が有利に働く要素としてあります。

ペンの人はシェイクの人と動きも違う、球種も違う!
特にシェイクだらけの中高生や大学生などにとってペンはやりにくいと思います。

という訳で今回はこんな感じです。
参考になれば幸いです。