こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・シェイク主流の今、ペンを使っているがそれで良いのだろうかと悩んでいる人

このような初級者(中級者は自分で考えてね)を対象にしています。

【本記事の内容】
・ペンのままでも問題無い理由

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンのままでも問題無い理由

ペンのままで良いのか!?

結論:ペンのままで全く問題ありません。

現在の卓球界は、シェイク全盛期です。
そしてラバーは両面とも裏ラバーと裏ラバーが完全に主流です。

現在の卓球界は回転の時代と思っています。
回転回転回転で安定してドライブを高速で打ったりループを打ったりします。

サーブもフォームだけでは何回転か分からないです。
レシーブもバック面で強引に回転をかけチキータという技術で攻撃します。

日本の男子プロ選手で言うと、水谷、丹羽、張本、吉村、大島、宇田、戸上・・・。
上位の選手を見ると両ハンドで攻撃できるシェイク裏裏ばかりです。

ただしこれは超上級者の話です。
我々一般のプレイヤーにも果たして当てはまるでしょうか?

僕は週に一度県大会もしくはそれ以上のレベルの選手がいる練習場に行っています。
中高生、大学生、社会人と色んな人が来ています。

そのレベルでさえシェイクで無くペンでも良いと思っています。

理由としては【主に5つ】
1,シェイクでチキータのようなバックハンドの技術を使う人は1割もいない
2,シェイクのバックハンドで安定して振り抜ける人はせいぜい2割程度しかいない
3,シェイクの人はシェイク同士で練習しているのでペンの戦い方やペンの微妙な回転に慣れていない
4,シェイクはフォアもバックも攻撃なため、フォア、バックとも中途半端になる
5,ペンはバックはショートに徹しフォアは攻撃と単純である(練習量が少なくて済む)


特にこの5番のバックは守備、フォアは攻撃と単純であるというのが大きいと思います。
練習量があまり取れない大人は特にペンが良いと思ったりします。
ペンの方ができる技術が少ないので少ない練習量で全部できるようになるからです。

もちろん例外はあります。
一番大きな例外を言うと
・裏面にラバーを貼って裏面を主体で戦う人

僕の経験上、ペン片面でバックハンドというのは、敢えて使うことは無いと思っています。
バックは凌ぐ、フォアは攻撃すると切り分けておいた方が戦いが単純で良いと思います。
(過去の日本代表に田崎というバックハンドの名手がいましたが超上級レベルの話です)

僕も片面でフォアとバックをどちらも振っていた時がありました。
結局はどちらも攻撃というのがしっくり来なかったです。
バックは守る時もあれば攻撃する時もあります。
その結果、自分の卓球自体がバラバラになり、以前より弱くなったためそのスタイルは辞めました。
ボールはすぐ返ってくるので今回は守備、今回は攻撃と瞬時に判断するには無理があったと言うことです。

ということで初級者については最初からシェイクの人はそのままで良いですがペンの人が敢えてシェイクに変える必要は無いと思います。

僕もシェイクの人がバックハンドを気持ちよく振り抜くのを見て何度もシェイクに変えたいと思ったことはありましたがこのような理由でペンを続行しています。

という訳で今回はこんな感じです。
参考になれば幸いです。

著者
管理人ゆうはるかい

管理人ゆうはるかい

2 Comments

  1. アバター

    おはようございます
    今回もグッド記事ありがとうございます。
    読ませていただきましたよ。
    お互い、ペンでの卓球頑張りましょう。

    余談、本記事では書けませんが実は昨日練習に行ってきました。
    捻ってバックハンド使いまくりましたが…。
    たまたま、よく入ったので。

    中辻久範
    1. 管理人ゆうはるかい

      中辻さん、今日はブログのまなぶって人の構成のマネをしました。
      マネをするべしとまなぶって人は言っているので。
      腱鞘炎大丈夫ですか。お互いペンで頑張りましょうと言いたいところですが
      シェイクに変える予定なんです。
      ペン表もそれはそれでいいんですがシェイクでドライブとナックルの混ぜ混ぜでもやろうかと
      思ったりしています。試合もないのでコロナの間に色んなことをやってみたいと思ったりしました。

      管理人ゆうはるかい

コメントを残す