こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・シェイクって台上処理難しくペンは簡単と思っている人

を対象にしています。

【本記事の内容】
ペンとシェイクの台上処理について

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンとシェイクの台上処理について

シェイクとペンではペンの方が台上処理が簡単?

結論:ペンもシェイクも台上処理のやり易さはそんなに変わらない

この記事は卓球関係者の8割以上から反発が来るほど突拍子も無い事を書くのですが、僕がそう感じるので共感してくれる人はほんの一握りは存在すると思います。

理論上は可動域やラケットの台上への入れ方からもペンの方が圧倒的に簡単と思います。

その前に台上処理とは何を指すかを簡単に説明します。

ストップ、ツッツキ、フリック、チキータがメインでしょう。

特に一般的に台上処理と言われればストップやフリックじゃないでしょうか?

チキータは最近出て来た技術なのでシェイクの方がやり易いでしょうし、片面ペンではチキータは無理ですからね。

なので一旦チキータは置いておきたいと思います。

ここでは、台上処理とは、過去からある技術のストップやツッツキ、フリックの事としましょう。

ペンの方がラケットの構造上、台上処理がやり易いと誰もが言います。

むしろそんな事は言わなくても当たり前という風潮です。

確かに分からなくは無いし構造上、理論上そうなんでしょうが、僕はシェイクをやってみて台上処理がやり難いと思ったことは無いです。

唯一フォア前の短いボールをストレートにストップ、フリックするのがシェイクの構造上、角度が出にくいなぁと思うことはあります。

それ以外は同じです。

またやり難いストレートとフリックも慣れてないだけでラケットの角度を台に横から入れるからやりにくいのであって縦から入れればペンと同じです。

更にシェイクには僕はできませんがチキータがあります。

そして思ったより簡単だと書いた逆チキータがあります。

なので総合するとペンの方が台上がやり易いという世の中の卓球関係者が言うことに疑問を感じています。

今日はこんな感じです。

参考になれば幸いです。