こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・卓球のラバーの表ソフトでスピード系と回転系って何が違うの?と思っている人
・表ソフトのラバーは何を選んだら良いか分からないという人

このような人を対象にしています。

【本記事の内容】
・表ソフトの回転系とスピード系の実態の話

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

表ソフトの回転系とスピード系の実態

表ソフトの回転系とスピード系の実態

結論:表ソフトのスピード系、回転系は目安でしか無い

僕は表ソフトユーザーですので色々なラバーを打ったことがあります。

一般的に粒が縦に揃っているのがスピード系、粒が横に揃っているのが回転系と呼ばれます。

僕は表ソフトラバーではモリストSP(スピード系)は大好きでした。
さすがの人気No.1ラバーですね。
スピードも出るしナックルも強烈ですし、言うこと無しのラバーでした。

ひょんな事からラグザPO(回転系)を貼って打ってみたんですが、めちゃくちゃスピードが早かったんです!!

モリストSP(スピード系)というラバーは非力な女性でもパワフルな打球が打てるんですね。

それに対してラグザPOは僕にとってはモリストSPよりスピードもありパワフルな打球が打てた訳です。
回転に関してもモリストSPもラグザPOもほぼ同じ程度の回転がかかりました。

この2つのラバーに関してはスピード系、回転系に分けるということは当てはまらなかった訳です。

1,回転系のラグザPOの方がスピードが上回ったということです。
2,スピード系のモリストSPが回転系ラバー同等に回転がかかるということです。


ということで店員さんが回転系とかスピード系とか言うのを信じるのは早計です。

実際に自分で打ってみて一番自分の求めている性能のラバーを探すしか無いというのが結論になります。

今回はこんな感じです。
参考になれば幸いです。