こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・フォアとバックのラバーは同質か異質かどっちが良いか迷っている人を対象にしています。

【本記事の内容】
・フォアとバックのラバーは同質か異質かどっちが良いか

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

フォアとバックのラバーは同質か異質かどっちが良いか

フォアとバックのラバーは同質か異質か

結論:目指すプレイスタイルによって変わります

同質とは表面も裏面も同じタイプのラバーとします。
異質とは表面と裏面が違うタイプのラバーとします。

同質で一番多いのは当然ながら裏と裏でしょう。
世界の9割以上はこのタイプじゃないでしょうか。

卓球の試合ではバック対バックが7割と言われるからには正統派の裏ラバーで打ち勝つ必要があります。
正直僕は裏ラバーで上級者に打ち勝つ自信は無いです。

あと、同質ということであれば、表(粒高含む)と表(粒高含む)ですね。
僕はこのタイプはほとんど見たことはありませんが有りだと思います。

相手がナックルが嫌いであればもの凄く有効ですし、回転の分からないボールを出してくるタイプには回転に影響しにくい表(粒高含む)が有効です。
参考記事「表ソフトラバーと裏ソフトラバーではどっちが良いのか?」

補足ですが、試合での勝ち負けはあまり関係無く、健康のためや仲間作りのため楽しく卓球がしたいと言うのであればシェイクの両面裏ラバーが良いです。

次に異質で一番多いのはフォアが裏ラバーでバックが表ラバーでしょう。

僕はシェイクに変更する時、最初の2週間はフォア表、バック裏にするかフォア裏、バック表にするか試行錯誤していました。
結局はバック対バックが試合では多く正統派(裏と裏)で勝つのは諦めていたので多く使うであろうバック側を表にしました。

正統派で勝つ自信は無いですが、相手が嫌がるボールをたくさん出せる表ラバーを使いこなすことができれば上級者にも一矢報いる可能性があると判断しました。
表ラバーでもドライブ、スマッシュ、ナックル、ツッツキ、色々な回転が出せます。
正統派では強くなる可能性はあまり無いけど、変幻自在なプレイが僕には合っていると思いました。

ある時、中学生スタートで地区大会を勝ち上がり県大会に出たいならシェイクのフォアが裏でバックは粒高が良いという記事を見たことがありますが、凄く納得しました。

多分ですが、
1,小学生からやっている人に中学スタートで勝つには正統派では無理(時間が足らない)
2,フォアは攻撃、バックは守備と切り分けすることができる
3,フォアとバックで全く異質の球が出て相手を翻弄できる(フォアは上回転、バックはナックル)

このような理由だと思います。

これは意外と大人の世界でも当てはまると思っており、ペン表ラバーの時も上級者に一矢報いることが時々ありました。
なので全国レベルには一矢報いることはできませんが県大会上位レベルくらいであれば異質の効果は十分あると思っています。

同質、異質どちらが良いかの答えはありませんが、正統派で勝ちたいなら同質、一癖二癖出して相手の嫌がるスタイルで勝ちたいなら異質が良いかと思いました。

このような感じで自分がどのようなプレイスタイルにしたいかで同質か異質かが決まるかと思います。

今日はこんな感じです。
参考になれば幸いです。