こんにちは、ゆうはるかいです。
本題の前に定形文⇒「有酸素運動の超絶効果を確証!?」より年末までに体重60⇒56Kg、体脂肪率22.3⇒15%を目指しています。
今日は体重59.4Kg、体脂肪率21.5%です。

皆さんは相手の戦型によってサーブを使い分けたりしていますか?
僕は大人になって卓球を再開しまして改めてサーブが大事と思い、相手の戦型によってどんなサーブが有効かを徹底的に勉強した時があります。
参考になるかどうかは分からないですが、今日はその記事を書きたいと思います。

相手に応じたサーブが必要

昔の自分と今の自分のサーブの考え方の違いについて

僕は中学生の時、サーブについて何も考えずに出していました。
よくそれで勝てていたなと本当に不思議に思います。
あの頃はその時の気分で打っていました(笑)。
若かったからでしょうか!?
バカだったからでしょうか!?(笑)
卓球というものの奥深さを分かってなかったんですね。
バックに厳しい球が来てもフォアに振られても3球目をスマッシュで打っていたように思います。
練習しすぎていたんでしょうか!?
回転が横であろうが、縦であろうが、切れていようが、切れてなかろうが全部ミート打ちで決めていたように思います。
今となっては不思議ですが、入っていたんですよね。
ボールが小さかったから!?
ちょっと理由は分からないです。

今は違います。
相手のレベルも上がって色んな戦型に対して効果的なサーブを出し、レシーブを限定させて戦う必要があります。
また、皆さんも苦手な人が多いかと思いますが、相手が左の場合、カットマンの場合など効果的なサーブから攻撃をしないと勝てません。

何故、サーブについて勉強しようと思ったのか!?

大人になって卓球を再開した時も中学生の時と同じように適当にサーブを出して戦っていました。
ただ、強い相手と対戦する機会が増え、全然勝てない相手が増えてきました。
練習しても何回対戦しても勝てる気がしませんでした。
特に回転重視のドライブマン、カットマン、左効きなどに対して苦手でした。
今までの適当サーブで戦っても勝てないなと言うことが分かりました。
そして勝つためにどうすれば良いのかネット上の情報やユーチューブなどを見て徹底的に勉強しました。
例としては、どこにどのようなサーブを出したらどういう球がどこにどのような回転で返ってくる確率が高くそれをこう打って決めようと言った感じです。
基本3球目までを考えました。
記事「卓球はサーブが一番大事と知った!!−平均ラリー回数は3,4回−」

戦型別に効果のあるサーブ一覧!

戦型別サーブ一覧!

では、僕が勉強し実際に使っているサーブはこちらです。
これをやりだしてからタイプ別に出してはいけないサーブは出さなくなり、今まで勝てなかった相手にも勝てるようになりました。
(全員では無いですよ、やっぱり強すぎる人は何やっても勝てませんから笑)
でも嘘のようで本当の話です。
僕はこれ以外のサーブは出さないです。
理由は話すと長いので辞めておきますが、出してはいけない理由があります。



①相手がカットマン(右効き)の場合に有効なサーブ
・バックやミドルへナックルロング
・バックやミドルへドライブロング
・フォア前へ逆横ショート
・フォア前へナックルショート
・フォア前へ上ショート

②相手がドライブマン(右利き)の場合に有効なサーブ
・フォア前へ逆横ショート(YG、バックサーブでも可)
・バック奥へブチ切れ下ロング
・フォア前へ下やナックルショート
・バックへナックルロング
・バックへ順横ロング
・バックへバックサーブで逆横ロング

③相手が左利きの場合に有効なサーブ
・フォア前へ順横ショート
・フォア前へ下ショート
・フォアへ順横ロング
・フォアへナックルロング
・フォアへドライブロング
・バックへナックルロング
・バックへ順横ロング

これらのサーブを出すだけでは無くて自分ならそのサーブを出してレシーブの球をどのように打つかまで(3球目まで)考えて戦うのが大事です。

このように書くのは勝手に書けるのですが、皆さんの参考になれば幸いです。