こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・ラリーばかり練習してサーブの大事さが分からない人
・試合に勝つ早道が知りたい人

このような人を対象にしています。

【本記事の内容】
・サーブが一番大事である理由
・試合で勝ちたいなら極論サーブ練習だけで良い話

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

・サーブが一番大事である理由

結論:卓球にはサーブ、レシーブ、フォア、バック、ツッツキ、など色々あるがサーブが一番大事である

サーブが一番大事である理由

卓球には、サーブ、レシーブ、ラリー(スマッシュ、ツッツキ含む)がありますよね。
試合ではだいたい何球で終わりますか!?

平均、3球〜4球です。

普段あんなにラリーの練習してコンビネーションの練習して色んなシミュレーションしてますよね。

でも1球目サーブ、2球目レシーブ、3球目スマッシュやドライブ、ツッツキなど、4球目はカウンターなどでしょうか。

要は言いたいことは試合では、ラリーになる前に大半は得点になっているということです。

サーブは自分から仕掛けることができます。

レシーブは相手のサーブによって変えなければいけません。

なので自分単独でできることの中では、サーブが一番重要だと言うことです。

・試合で勝ちたいなら極論サーブ練習だけで良い話

結論:サーブが良ければそれだけで勝てる


1,上回転か下回答か分からないサーブを出せるようトコトン練習する。
2,ここにこういうスピードでこういう回転で出したら8割の可能性で特定の場所に返ってくる。

この2つができるようになればもう勝ったと言っても過言ではありません。

1について上回転を誤って下回転と思わせれば、思いっ切り浮いてくるかオーバーします。
そして下回転を上回転と思わせればネットミスします。

2について8割返ってくる場所が分かっていれば3球目攻撃が非常に楽になり得点に結びつきます。
そのような返球コースを限定させるサーブを複数持つことは大変有効です。

結論

まとめると
・試合の1回の得点は3,4球で決まりラリーまで行かないことも多いのが現実。
⇒サーブ、もしくはサーブで相手を崩しての3球目攻撃が大事!
・サーブを極めることができれば、それだけで勝ててしまう!

という訳で今回はこんな感じです。
参考になれば幸いです。

参考記事「戦型別に効果的なサーブのまとめ」