こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・シェイクなのにバックは当てて入れることが精一杯で試合に勝てない人

を対象にしています。

【本記事の内容】
シェイクなのにバックは当てて入れることが精一杯。試合に勝つには?

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

シェイクなのにバックは当てて入れることが精一杯。試合に勝つには?

シェイクなのにバックが苦手、どうすれば勝てる?

結論:ペンに変えたら勝ちやすくなる可能性は大きいです

僕は初心者がそこそこ集まるサークルのような場所に時々行ったりもしています。

凄く思うことがあります。

初心者の人は例外なくシェイクです。

誰にも教えてもらってないのでバックは押して入れるだけで少し早い球が来たり回転がかかっていればミスします。

その反面、フォアは結構良いショットを打ちます。

卓球やっていてもやっていなくてもフォアは誰しもある程度練習すれば入るようになると思うんです。

なのでフォアはそのまま置いときます。

バックは乱打以外の不規則な球が来るとほぼミスします。

それであればペンにしてバックは止めるだけという練習に特化すれば良いと思うんです。

バックは止めてフォアは打つ。

これだけでシェイクより格段に強くなります。

凄く失礼ながら、見ていて思います。

バックのラバーがもったいないと。

色んな使い方があるのに決まったかのように押すだけ、入れるだけ。

弾いたり、擦ったりしてこそのシェイクです。

それができないならペンにした方が断然強くなると信じて疑わないですがどうなんでしょうか。

あくまで当方の見解でした。

僕には分からないメリットがあるのかもしれないです。

まぁ見栄え的にはシェイクの方が卓球トレンドではありますが勝ちたいならペンと言いたいですね。

今日はこんな感じです。

参考になれば幸いです。