こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・ペンからシェイクに変更して最初に練習するべき事が分からない人を対象にしています。

【本記事の内容】
・ペンからシェイクに変更して最初に練習するべき事

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンからシェイクに変更した時に最初に練習すべきこととは

ペンからシェイクに変更した時に最初に練習すべきこととは

結論:もちろんバックハンドでしょう

当然のことで申し訳ないのですが、ペンとシェイクではバックハンドが全く違います。
なので徹底的にバックハンドが安定するまで単純な練習でつまらなくてもやらないといけません。

単純な練習とはワンコースでバックを打ち続けることです。
ツッツキはペンとは違うものの意外にできると想います。
バックハンドの練習は実技、動画、理論ともめちゃくちゃやりました。
それでもまだ安定しないので未だに日課と言えるほどウェイトを置いて練習しています。
どうしてそこまでバックハンドにこだわっているかと言うと

理由としては
1,バックハンドを振るのが初めてだから
2,バック対バックが試合中の7割を占めるという事実があるから
3,バックを制するものは世界を制すると思っているから(そういえばボクシングは左を制するものは世界を制すると言いますね。卓球やテニスの左とはバックハンドでしょう)

このような理由はありますが、本当は僕ら一般の卓球プレイヤーはフォア強化でも良いのでしょう。
世界の卓球はガラリと変わり、フォア前のサーブに対してバックでチキータするんですからね。
時代は変わるもんですね、びっくりです。
参考記事「一般プレイヤーはチキータ不要」

僕はペンの時は表ラバーでしたのでフォアのスマッシュがメインでした。
やっぱり表ラバーというのはみんな嫌がってくれます。
理由は「表ソフトラバーと裏ソフトラバーではどっちが良いのか?」でも記載していますが一番はナックルが出るということです。
ナックルの処理は難しいです。
僕も自分が表ラバーのくせに相手が表ラバーだったら嫌ですから(笑)

よって表ラバーを貼ってあるバックを強化したいし、表ラバーで相手を崩したいという想いがありますね。
表ラバーで無い場合もバックは強化しないといけない理由として試合ではバック対バックが7割という事実があるからでしょう。
バックが裏ラバーの場合はドライブも必要ですしスマッシュも必要です。
これで相手に勝つためにはバックをフォア並に強化しないといけないと思います。

あとは僕の場合は、フォアに裏ラバーを貼っており僕はドライブが苦手なんですね。
なのでフォアはスマッシュで決める時やドライブで凌ぐ時に使い、メインはバックで攻めるというスタイルを目指しています。
今までのペン表ラバー時代のフォア主体とは完全に反対です。
攻めるのが反対ってきついですよ。
今は思うようにいかず悶絶しています(笑)
このスタイルにこだわると当然、今は弱くなります。
しかし遠い将来はペンの表ラバー時代を超えるという確信を持っているんです。

ということでバックハンドの強化が卓球の強化につながると思います。

今日はこんな感じです。

参考になれば幸いです。