こんにちは、ゆうはるかいです。

本記事は

・ペンからシェイクに変更して2番目に練習するべき事が分からない人を対象にしています。
参考「ペンからシェイクに変更して最初に練習するべき事」

【本記事の内容】
・ペンからシェイクに変更して2番目に練習するべき事

この記事を書いている僕は卓球に関しては中学生の時と41歳〜45歳現在の約7年間の経験があります。
最高記録は中学2年の夏の県大会ベスト4です。
41歳になってから再開しており、今後は東京選手権で全国大会出場が卓球人生の必達事項です。

ペンからシェイクに変更して2番目に練習するべき事

ペンからシェイクに変更して2番目に練習するべき事

結論:フォアバックの切替しです

参考「ペンからシェイクに変更して最初に練習するべき事」

僕はペンからシェイクに変えて最も辛いと感じたことは単純な練習はできるが試合形式になるとボロボロになるということです。

どういうことか?
ペン(片面)はバックが守備なので基本、常にフォアで打てたらフォアで打つという姿勢です。
なので右利きの場合は、足は左足が前になっています。

シェイクの場合はフォアもバックも攻撃なので足が並行になるのが正しい構えだと思います。
もちろんシェイクでもフォア主戦型やバック主戦型などで例外はあると思います。

一般的にフォアもバックも攻撃するため、足は平行とします。
今までのペンの時のようにサーブを出した後、スキあらばフォアで打つということが染み付いているため左足が前に行ってしまいます。
そんな時にバックにボールが飛んできたらもうぐちゃぐちゃです。
対応できずに悶絶というのが今の僕です。
ワンコースではバックは上手になっても試合形式になるとボロボロな訳です。

それを解消してくれるのはフォアバックの切替しです。

並行足を意識してフォアバックフォアバックと交互に打ちます。
慣れてくれば、フォアに来るかバックに来るか分からないようランダムに打ってもらいます。

僕の場合、最初は対人で本練習をやっていましたが今ではマシーンを活用しています。
参考「卓球マシーンって上達効果は見込めるのか?」

それで時間が浮くので対人では別の課題練習に費やすことができています。

このフォアバックの切替しはつまらないです。
でも嫌というほどやることで試合形式になってもどちらに飛んできても対応することができます。

と言っても本当にとっさの時は、やっぱり昔の癖が出てボロボロの体制で打っており、まだまだダメだなと思っています。

切替し練習は体に染み付くまでやり込むのが良いと思います。

今日はこんな感じです。
参考になれば幸いです。