こんにちは、ゆうはるかいです。
本題の前に定形文⇒「有酸素運動の超絶効果を確証!?」より年末までに体重60⇒56Kg、体脂肪率22.3⇒15%を目指しています。
今日は体重57.6Kg、体脂肪率20.3%です。

卓球が他のスポーツに比べて良いと思うBEST3を考えてみました。
皆さんは卓球の何が良いと思いますか?

卓球が良いと思う理由!

雨でも卓球

1,雨でもできる!
スポーツと言えば、フットサル(サッカー)、ゴルフ、ランニング、テニス、バレー、バドミントン、野球、バスケ、水泳、卓球・・・。
メジャーなところはこの辺でしょうか?
その他も色々あると思いますが思い出したら追記しておきます。
そしてこの中で雨でも台風でもできると言えば、卓球、バドミントン、バレー、バスケ、水泳です。
体育館でランニングとかテニスとかできるやん!
一旦、そういうのは抜きでお願いします(笑)。

卓球は雨が土砂降りであろうが、警報が出ていようが、何事も無かったかのように、さぁ練習に行こうかなという感じで練習場に向かっています。(すみません、あくまで僕の場合は・・)
でも雨の日でも湿気が多い時などは、ラバーが滑って打ちにくくフォームが崩れたり途中でもう嫌やわーって投げ出すこともあります(笑)。
でも僕の場合は、ドライブはあまり使わないのでマシな方だと思います。
ボールを線で捉えるドライブだとラバーで球を擦っても滑って球がラバーに引っかからずにポトンという感じで落ちます。
僕は点で捉えることが多いので、カットマンやドライブマンから言わせると雨の日でも他の戦型より得なのだと思います。
とは言ってもサーブは球を擦るので滑るし、レシーブも横ひねりショートを使うと滑ります。
横ひねりショートの記事はこちら
あとは、床が滑りますね。
雨が降っていなくても梅雨などは湿気が多いので、体育館などでする時は湿気の影響を受けます。
でも最近はクーラーなどが付いた施設(体育館含む)が増えてきており、湿気が多い日でもクーラーを入れることで湿気の影響を受けない環境で卓球ができたりするので凄いなぁとか思ったりします。
試合がある大きい会場などでは、だいたい空調関係の設備は整ってきていますね。

年を取っても卓球

2,年を取ってもできる!
これは納得の理由だと思います。
卓球人口が世界一多い理由の1つでしょう。
卓球人口が世界一の記事はこちら。
70歳でも80歳でもできるスポーツとしては、卓球、ゴルフ、ランニング、水泳、バドミントンなどでしょうか。
実際に80歳でもランニングもしくはウォーキングやっている人はそれなりにいますし、ゴルフもいます。
水泳は市民プールなどに行くと泳いでいるお年寄りは少ないですが、プールをウォーキングしているお年寄りの方は結構います。
バドミントンはどうしょうか?
できなくは無いでしょうが、僕自身バドミントンを良く知らないので一旦スルーさせてください。
イメージでは、前後左右に激しく動くのでキツイスポーツかなと思います。

卓球は市の大会(団体戦)とかだと70歳代の方も普通にいたりします。(もしかして80代も!?)
団体戦のレベルは僕の住んでいる市の大会では、1部〜7部くらいまでありましてお年寄りや初心者の方は5部〜7部に多いです。
ただし、凄腕の人達が集まったチームで全員が50代、60代のチームがあります。
そのチームは1部か2部でやっていたと思います。
メンバーを見ると、そりゃぁ強いよなと思うメンバーです。
スクールでコーチをやっていたり、昔、名前聞いたことあるなど有名な人がいます。
僕はそのチームのメンバー3人とは面識があります。
1人はちょうど60歳くらいです。
卓球コーチをしています。
凄く若く見えるので60歳と聞いた時は、本当にびっくりしました。
ペンの片面表ラバーで年代別シングルスで県チャンピオンです。
ペンの表は、若い世代では絶滅しかけていますが(していますが)、かつては主流のスタイルです。
ちなみに僕はこの人には、勝ったり負けたりです。
同じペン表ということで戦い方がすごく似ていますよ。
ナックルショートとスマッシュがメインです。
またそのチーム内に60代後半の凄腕選手がいます。
その方は、スクールのコーチでしたが今は世代交代で息子さんがコーチをしています。
そしてその方は練習はほぼしていないのですが、今でも全国大会などにも出場しています。
何と若かりし頃は、斎藤清(全日本選手権8回優勝した日本卓球界では有名)より強いと当時の卓球界では、言われていた人です(これは聞いた話です)。
ちなみにその人もペン片面表ラバーなんですね。
もう1人、そのチームで知っている人がいます。
その人もペンです。
片面ラバーで裏です。
ただし、ドライブをガンガン打つタイプでも無くナックルショートとミート打ち主体で表と裏の中間のような戦い方をします。
この人とも勝ったり負けたりです。
最初の県チャンピオンの方とこのペン裏の方は、僕が行く猛者達の練習場に極稀に来たりするので試合をすることができるんです。
「4ヶ月ぶりに猛者達の場所へGO!」の記事はこちら
そして60代後半と書いた方は、僕が卓球を再開した時に行っていたスクールの総監督的な人です。
このスクールを辞めたのは、総監督的の息子で2代目のコーチがいるのですが、僕はもっとレベルの高いところでやらないと伸びないと言われたからです。
たしかに卓球を41歳で再開して数年経っていましたので卓球感も戻っており、このスクールの学生相手では物足らないと思っていたため丁度良いタイミングでした。
その後、猛者達の場所(3時間あるのですが、2時間はぶっ通しの試合、レベルは非常に高い)に行きだしたと言う訳です。

3,省スペースで手軽にできる!
この条件に当てはまるのは、卓球。。。
他に見つからないですね。
筋トレとか!?素振りとか?
ゴルフの打ちっぱなし?
そんなもんでしょうか。
では範囲を広げて手軽にできるものを探したいと思います。
テニス、バドミントンって手軽にできると思いますよね?
僕はテニスをしていたのですが、コートを取るのがかなり大変(面倒くさい)です。
バドミントンもコート取らないといけないですが一応手軽といえば手軽かもしれません。
ゴルフは移動が大変ですが、手軽な内に入るでしょうか。
そういう意味では、手軽にできるものは、まだまだたくさんありそうですね。
省スペースという条件に絞ると卓球になるのかなと思います。

これらの3つを総合した結果は・・卓球でしょう!

結論

これらの3つを全てクリアするのが卓球であり、僕が思う卓球の良いところです。
もちろん、卓球を通じて知り合いができることや、相手との試合の駆け引きが楽しいなどもありますが、それは他のスポーツでも同じです。
普段自分がなんで卓球をやっているのか考えたことも無かったのですが、改めて今回、卓球ならではの良いところを考えてみて納得ですね。
生涯スポーツにするには、ふさわしいスポーツだなと思いました。